So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ワン・ボイス・チルドレンズ・クワイアー「サムシング・ジャスト・ライク・ディス / Something Just Like This」 [アメリカ]

先日、NHKで放送された番組で、初めて
この合唱団のことを知りました。

アメリカのユタ州、ソルトレイクシティーで活動する、
4~18才までの子どもたちによる、
ワン・ボイス・チルドレンズ・クワイアー /
One Voice Children's Choir.

アメリカでは有名で、2014年には
オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」で
ベスト4まで行ったそう。

NPOとしての合唱団を率い、
アレンジや指揮を手掛けるのは
日本人の福田真史さん。

子どもたち一人ひとりと向き合い、
その持ち味を引き出し、
伸ばしていく素晴らしい指導法が、
NHKのドキュメンタリーでは描かれていました。

どの曲もとにかく素晴らしい。
「アメリカズ・ゴット・タレント」で披露した
「Let It Go」もいいし、リアーナの「Diamonds」もいい。

最新のこの曲は、チェーン・スモーカーズと
コールドプレイの曲ですが、

「神話のヘラクレスや
 バットマンのようなスーパーヒーローでなくていい

 ただそばにいて
 愛し合える存在でいてほしい」

そんな内容の歌詞を子どもたちが歌うと、
また違った味わいがあって、私はお気に入りです。



その他の曲もいろいろ聴いて、
子どもたちの美しい歌声を堪能してください。[ぴかぴか(新しい)]




コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。