So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
アメリカ ブログトップ
前の10件 | -

ワン・ボイス・チルドレンズ・クワイアー「サムシング・ジャスト・ライク・ディス / Something Just Like This」 [アメリカ]

先日、NHKで放送された番組で、初めて
この合唱団のことを知りました。

アメリカのユタ州、ソルトレイクシティーで活動する、
4~18才までの子どもたちによる、
ワン・ボイス・チルドレンズ・クワイアー /
One Voice Children's Choir.

アメリカでは有名で、2014年には
オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」で
ベスト4まで行ったそう。

NPOとしての合唱団を率い、
アレンジや指揮を手掛けるのは
日本人の福田真史さん。

子どもたち一人ひとりと向き合い、
その持ち味を引き出し、
伸ばしていく素晴らしい指導法が、
NHKのドキュメンタリーでは描かれていました。

どの曲もとにかく素晴らしい。
「アメリカズ・ゴット・タレント」で披露した
「Let It Go」もいいし、リアーナの「Diamonds」もいい。

最新のこの曲は、チェーン・スモーカーズと
コールドプレイの曲ですが、

「神話のヘラクレスや
 バットマンのようなスーパーヒーローでなくていい

 ただそばにいて
 愛し合える存在でいてほしい」

そんな内容の歌詞を子どもたちが歌うと、
また違った味わいがあって、私はお気に入りです。



その他の曲もいろいろ聴いて、
子どもたちの美しい歌声を堪能してください。[ぴかぴか(新しい)]




コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「美女と野獣」ジョン・レジェンド&アリアナ・グランデ [アメリカ]

ディズニープリンセス・シリーズの一つ、
「美女と野獣」がエマ・ワトソン主演の実写版となり、
3月17日にアメリカで公開されます[exclamation]

有名な主題歌を歌うのは、味わいある歌声の
ジョン・レジェンドと、旬の歌姫アリアナ・グランデ。

こちらはエンドロールで流れそうな、ポップ・バージョンです。




そして、サントラのオーケストラ・バージョンは
こちらのトレーラー(予告編)で聴けます。
ポップ・バージョンよりもゴージャスで、ドラマティック[黒ハート]



アニメと同じミュージカル仕立てなので、
エマ・ワトソン自身も歌ってるんですが、
その歌声はなんともかわいくて、うまい[揺れるハート]

映像も美しいし、アニメの世界がそのまま
現実になったような(これも映画なのに)ワクワク感。

ベルの黄色いドレスに憧れた女の子たち、
必見の映画ですね[るんるん][わーい(嬉しい顔)]

(日本での公開は4月21日だそうです)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

クリスマス・カープール!/ Xmas Carpool [アメリカ]

Merry Christmas[exclamation][クリスマス]

今年のYouTube 1位は、カープール・カラオケの
アデル編だったそうですね。[目]

ちなみに2位は、ピコ太郎さんのPPAP。すごい[exclamation×2]
今まで、全世界的にギャグがはやったことなんて、
あったっけ・・・[exclamation&question]


そして、カープール・カラオケのクリスマス編が出たので、
貼っておきますね。

マライアの「All I Want for Chritstmas」を、本人はもちろん、
アデル、ガガ、ブルーノ・マーズ、レッチリ、デミ・ロバート、
セレーナ・ゴメズ、グウェン・ステファニ、ニック・ジョナス、
クリス・マーティン、エルトン・ジョン、といった豪華
メンバーが歌ってます[るんるん]




ジェイムズ・コーデンさんの「The Late Late Show」には
今年はいっぱい楽しませてもらいました。

こちらの、ロサンゼルスのとあるスタバにいきなり行って、
その場にいる無名のライターの作品を、その場にいる人たちで
即興で映画にしてしまう企画もサイコーでした。[わーい(嬉しい顔)]





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

アリアナ・グランデ「シンキング・アバウト・ユー / Thinking About You」 [アメリカ]


デンジャラス・ウーマン~スペシャル・プライス・エディション(初回限定盤)

デンジャラス・ウーマン~スペシャル・プライス・エディション(初回限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2016/05/20
  • メディア: CD


アリアナ・グランデのニューアルバムからすでに「フォーカス / Focus」
などのヒットが出ていますが、私はこの曲が気に入っちゃいました。

 あなたがいなくて寂しくて
 あなたのことばかりを考えてるの

と彼の帰りを待ちわびる歌、「シンキング・アバウト・ユー」。


静かなサウンドの中に、アリアナの伸びやかな歌声が響き、
感情とともに少しずつ盛り上がっていく感じがいいです[黒ハート]

まだビデオが作られてないのが残念。
とりあえずこちらを、聴いてみてくださいね[るんるん]






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

テイラー・スウィフト「ワイルデスト・ドリームズ / Wildest Dreams」 [アメリカ]


1989~ツアー・エディション(初回限定盤)

1989~ツアー・エディション(初回限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2015/04/29
  • メディア: CD



テイラー・スウィフトは、ほんとに女心を歌うのが上手。

以前取り上げた「ラブ・ストーリー / Love Story」は、

「ロミオ、私を二人だけになれる場所に連れて行って」

と、女の子のロマンチックな思いを歌った歌でしたが、
「ワイルデスト・ドリームズ」は、彼との別れを予感する女性の歌。


アルバム全体的に元カレのハリー・スタイルズ(ワン・ダイレクション)
との経験が元となっているようで、二人は大喧嘩をしたり、
スキーで何針も縫うケガをしたりと、かなりワイルドだったみたい。

「スタイル」という曲の中では、二人ともお互いに自分の価値観を
譲ろうとしなかった、とも歌ってます。


先日、Apple Music で無料公開された、「1989」ツアーの映像では、
「ワイルデスト・ドリームズ」をピアノを弾きながら歌っていて、
このサビの部分、「なんかわかるな~」とグッときてしまいました。


 「ねえ、覚えていて
  ステキなドレスを着て、陽が沈むのを見つめている私を
  赤いくちびる、バラ色の頬をした私を

  また私に会ってくれると言って
  たとえそれが
  ただのとんでもない夢の中でもいいから」


別れた後も、一番きれいだった自分を覚えていてほしい。
自分勝手かもしれないけど、女性にはそういう気持ちがあるんじゃ
ないかな~・・・?






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

LP 「ナイト・ライク・ディス / Night Like This」 [アメリカ]


フォーエバー・フォー・ナウ

フォーエバー・フォー・ナウ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2014/08/27
  • メディア: CD


この人は男の人[exclamation&question] 女の人[exclamation&question]
と最初は思っちゃったけど、本名はローラ・ペルゴリッツィという、女性のシンガー・
ソングライターだそうです。[わーい(嬉しい顔)]

まったくの新人ではなく、リアーナやクリスティーナ・アギレラ、バックストリート・
ボーイズ等数々のアーティストに曲を提供してきた、ベテランなんですって。[目]


今回の「フォーエバー・フォー・ナウ」というアルバムがファーストアルバムで、
その先行シングル「ナイト・ライク・ディス」が日本でも徐々にヒット中。

最近はやりの80年代風のドラムにポップなサビ、シンディー・ローパーを思わせる
ような張りのあるボーカルは、ちょっとビブラート多めで40~50年代風?
そのレトロ感に、独特の自由な節回しを持つLPの個性が、うまく混ざり合わさってて
おもしろいですね~。
でもこの節回し、ひょっとして日本を意識してるのかも・・・?


 「ああ、星たちが落ちてくる
  私たちもだめになってしまうの?」

と、ポップなメロディーながらも悲しげに歌い上げるLP。
まだ聞いてない方は、こちらで聴いてみてくださいね。[かわいい]




タグ:LP
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ジェイソン・ムラーズ 「ラブ・サムワン / Love Someone」 [アメリカ]


イエス!

イエス!

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2014/07/16
  • メディア: CD



ほんの10年ほど前は、今どきの若者って感じだったジェイソン・ムラーズ。
いつの間にか、落ち着いた大人の男性になっちゃいましたね~。
そして、年々いい曲を書いていて。

前作のヒット曲、「I'm Yours」も大好きだったけど、今回のこの曲は、
また一回り、ソングライターとして大きくなった感じがします。


「人を愛すれば、それは自分に返ってくる」

と、ピュアでソフトな歌声で歌われると、心に染みちゃいますね~[黒ハート]
サウンドもやさしく、でも明るくてノリがいいところもgood [るんるん]

こちらのビデオでは、天使のような女性たちとともに歌ってます[ぴかぴか(新しい)]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

キャットことアリアナ・グランデ、おめでとう~! [アメリカ]


Yours Truly

Yours Truly

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Republic
  • 発売日: 2013/08/29
  • メディア: CD


第41回アメリカン・ミュージック・アウォードで、アリアナ・グランデが
最優秀新人賞に輝きました~!

「えー、誰? 知らない」って~?

毎週水曜夜7時25分からNHK-Eテレで放送されている、「ビクトリアス」
というハリウッドの芸術高校を舞台にした、学園ミュージカル・コメディーって
感じのドラマで、赤毛のキャットという女の子を演じているのがアリアナです!

はっきり言ってちょっとおバカな不思議ちゃん・・・、でもすごくかわいくて、
私はキャット大好き[黒ハート]
他にもキャットファンの人は多いんじゃないでしょうか~?[わーい(嬉しい顔)]

主役のトリーことビクトリア・ジャスティスの歌唱力もすごいけど、
キャットはさらにハイトーン・ボイスで、自由自在に歌い上げるソウルフルな
アドリブが完璧! 私なんか毎回ほれぼれしながら見てます。

弱冠20才で、「ネクスト・マライア」とも呼ばれているらしいアリアナの
日本でのデビューは2014年2月とか。
それに先駆けて、1月には初来日予定だそう。
詳しい情報やビデオはこちらでどうぞ。[左斜め下]

「アリアナ・グランデ」ユニバーサル・ミュージック・ジャパン

これからの活躍が楽しみですね~!!


ドラマ「ビクトリアス」より "Give It Up"



同じく、"L.A. Boyz"





Victorious 2.0: More Music from the Hit TV Show

Victorious 2.0: More Music from the Hit TV Show

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 2012/10/09
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ボン・ジョヴィ 「ビコーズ・ウィ・キャン」 [アメリカ]


ホワット・アバウト・ナウ

ホワット・アバウト・ナウ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2013/03/13
  • メディア: CD

☆★ アーティストプロフィール ★☆

 アメリカ・ニュージャージー出身の4人組ロックバンド。1984年にデビュー
 後、1986年の「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」をはじめ、数々の大ヒット
 曲を送り出す。今作は通算12枚目のアルバムで、発売後全米1位を獲得。 
  


80年代から活躍を続けるボン・ジョヴィの12枚目のアルバムが発売されました。
バンドの活動休止あり、メンバーのソロ活動など、長年の間にはいろいろあり
ましたが、それでも順調に活動を続けているバンドは少ないかもしれません。

年を取って、若い頃とは見た目がすっかり変わってしまっているバンドも多い
中、ボン・ジョヴィはいい感じで年を取ってる感じ。特にボーカルのジョン・
ボン・ジョヴィは俳優業も行ってきただけに、今も変わらぬさわやかな笑顔で、
なんだかほっとします。(笑)

サウンド的にも80年代と変わらない若々しさですが、かつてはハードロックな
イメージだったのが、長年聴きなれたせいもあるのか、「安心して聴ける王道
ポップス」な感じがするのが不思議。
もうボン・ジョヴィ・サウンドが、私たちの中で一つの定番ブランドになって
いるからなんでしょうね。


通算5枚目の全米1位を獲得したニューアルバム「ホワット・アバウト・ナウ」
の中でも、ポップでとってもわかりやすい「ビコーズ・ウィ・キャン」は、今
日本でも大ヒット中。

ある意味懐かしく、でも古さを感じさせないロックをやり続けるボン・ジョヴィ。
一緒に年を取ってきた私たちも、改めてパワーをもらいましょう!


 ■試聴サイト

  ・ボン・ジョヴィ ユニバーサル・ミュージック
    
    「ビコーズ・ウィ・キャン」のPVが日本語字幕付きで視聴できます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ボブ・ディラン 「デューケイン・ホイッスル / Duquesne Whistle 」 [アメリカ]


テンペスト

テンペスト

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2012/09/26
  • メディア: CD

  ☆★ アーティストプロフィール ★☆
  1941年、アメリカのミネソタに生まれる。ビートルズやストーンズらと
  同じ年にデビューし、「風に吹かれて」でソングライターとして有名に。
  「ロックの神様」と呼ばれ、現在71才でデビュー50周年。
  


全世界アルバム・トータル売上1億枚で、スタジオアルバムとしては今回が
35作目となるボブ・ディラン。

「風に吹かれて」や「ライク・ア・ローリング・ストーン」で知られるように、
フォークからロックへと変化しながら、アメリカの公民権運動の時代から、
若者の心情や主張を代弁するような歌で人々の心をとらえ続けてきました。

シェークスピアの作品「ザ・テンペスト」と同じ「テンペスト(嵐)」と題された
今作も、タイタニック号の悲劇を歌った表題作「テンペスト」から、ジョン・
レノンに捧げる「ロール・オン、ジョン」まで、大作がずらり。

大作という理由の一つは、14分(テンペスト)、9分(ティン・エンジェル)
など長い曲が多いこと。7分を超える「ロール・オン、ジョン」では「カム・
トゥゲザー」などビートルズの歌詞を引用しながら、ジョンの人生やジョン
への思いがつづられています。


そんな大ベテランによる大作の中から、アルバム1曲目の「デューケイン・
ホイッスル」が今日本でもヒット中。
アメリカらしい乾いた軽快なカントリーサウンドに、ボブのしゃがれ声が
乗って、なんとも渋い!

タイトルの「デューケイン・ホイッスル」とは、ペンシルヴァニア鉄道の
デューケイン号の警笛のことだそう。


 「あの鳴り響くデューケイン号の警笛を聞いてくれ
  まるでこれが最後だとでも言うようじゃないか

  今あるもののうちで おまえだけが俺の支えなのに
  俺の心臓にセットされた時限爆弾のようにな


  やさしく絶え間なく呼ぶ声がする
  あれはキリストの母の声に違いない

  あの鳴り響くデューケイン号の警笛を聞いてくれ
  まるで俺の女が乗ってるとでも言うようじゃないか」


・・・と、歌詞の一部を訳してみましたが、う~ん、やっぱり渋い!
枯れたサウンドに枯れた声、そして情景を描写しながら人生を語るような歌詞。
毎年のようにノーベル文学賞にノミネートされてきたことも、うなづけますね。

かつて17才で華々しくデビューしたギタリスト、チャーリー・セクストンら、
いつものツアーメンバーでレコーディングされたという今作。
もはやフォークでもロックでもカントリーでもなく、まさにボブ・ディラン節、
という感じです。

他では決して聞けない大人の歌、静かな秋の夜にどうぞお楽しみください。



 ■試聴サイト

  ・ボブ・ディラン ソニー・ミュージック・ジャパン    
    「デューケイン・ホイッスル」のビデオが視聴できます。

  ・ボブ・ディラン オフィシャルサイト/テンペスト(英語)
    「テンペスト」の全曲が少しずつ試聴できます。
     (曲名の左のスタートボタンをクリックしてください)


 ■最新情報

  ・10月15日(月)26:05~28:00 フジテレビにてボブ・ディランの1965年の
   ツアー映画「ドント・ルック・バック」が放送されます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - アメリカ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。